病気のこと
今回 たむ が罹ってしまった病気は 
「軟部組織肉腫」という悪性腫瘍≪癌≫です。

最初にしこりが発覚した日に
すぐその場で注射針を刺して細胞を摂取し
顕微鏡で細胞を見てもらった細胞診では、
悪い細胞とわかっても病名は特定できませんでした。

その摂取した細胞を病理に出し細胞の病理検査を
してもらうということもできましたが。
たむの場合顕微鏡で見た限り悪性の可能性が高いとのことで、
より精度の高く確実な検査をしたほうがよいだろうとの判断で、
その日のうちにしこりの一部を切除し病理検査にかけました。

結果。

やはり悪性の腫瘍でした。
「軟部組織肉腫」という病名がついてきました。

病理検査のためにしこりの一部を削除したあとの、
腫瘍です。

a0075828_16494381.jpg











毛が剃ってあるので腫瘍がとてもよくわかります。

こんなに大きくなっていたのに、
私は毎日毎日触っていたのに、
気づいてあげることができませんでした・・・。

ひざの上でまるくなるムーをなでていて、
ばっちりしこりをなでながら、触りながら
肩甲骨だとばかり思っていました。 >ばかです。

この腫瘍はまるで骨と間違うような硬さだったんです。
でも、毛を剃って腫瘍とわかって触ると、
やっぱり骨とは感触が違いました。
骨と肉の中間のような、ふにふにではなくしっかりとした塊。
表面も滑らかではなく、ぼこぼことするような感じもありました。

もっともっと、小さいうちに気づいてあげられたら
今回の断脚という処置は避けられたかもしれません。


肉腫を外科的な処置で切除する場合には
通常取り残しのないように安全のために腫瘍だけを
とるのではなく、マージンが2.5cm~3cmはとる必要があるようです。
が、たむの場合には腫瘍が大きかったこともあり、
安全のため3cm以上のマージンをとって切除したと説明がありました。
ただ腫瘍の場所がちょうど肩甲骨の上だったので、
皮膚は最大のマージンでとりましたが、
骨に腫瘍は移転していなかったので、
骨ごととることで筋肉の切除はマージンをとっても
そんなに大きくなくて済んだようです。


今回の手術で断脚した前脚は、まるごと病理検査にだしました。


a0075828_16583321.jpg

           手術前日最後の四本足のむー

 
病理の結果など詳しい話は続きます。
[PR]
by tamutonton | 2006-07-06 17:23 | たむ・病気〔がん〕
<< 病気のこと 2 抜糸 >>