病理の結果が出た
今日はバイトもお休み。
天気も良かったので リブの朝の散歩はお気に入りの
セミナーハウスのお山コースでゆっくりと森林浴散歩。
家に帰ってから、ドライフラワーにお庭のラベンダーを摘んでいると
動物病院から電話があった。

病理の検査結果がでました。   

「軟部組織肉腫」  

やっぱり 癌 でした。

ただし、血管・リンパへの浸潤はみられないこと
腫瘍の悪性度が低~中程度 と低いかったこと。
他臓器に転移がなければ
その場合早めの外科的な処置が一番いいので
できれば今日、X線・エコー検査を行いたい。といわれ。

急いで、むーちゃんを病院へ連れて行く。

最悪のケースではリンパ転移を想像いていたし
怖い血管肉腫などではなかったことで少し、すこーしホッ。

でもまだX線やエコーをかけてみないとわからない。
夕方、迎えに行くまで落ち着かないこと。
胸がざわざわしている。

X線・エコー・血液検査の結果は問題なかった。

腫瘍はちょうど肩甲骨の上辺りにできていた。
再発を防止するため、十分なマージンをとって手術をするために
肩甲骨ごと切除が望ましいので断脚が一番の選択肢。
断脚することで完治も目指せるかもしれない と説明される。

足を1本神様に返せば、まだ むーちゃんと一緒に居られるのかな。

むーちゃん、3本足でも大丈夫だよね。

私も旦那さんも迷いもなく 断脚を決意した。
早いほうがいいと 明後日15日に手術決定。


a0075828_21481093.jpg



あ、後ろにかすみちゃん。
[PR]
by tamutonton | 2006-06-13 20:37 | たむ・病気〔がん〕
<< 断脚手術 突然の癌宣告 >>